syoukai.jpg

▼▼▼オンラインスカイプイラスト塾▼▼▼ イラスト塾.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.09 10ヶ月目-9
電車のドアを塗り、
実際には見えないわけだが、なかのキャラがどうなっているのかがわかるように
透けさせてみた。
乗算 で濃く透けているようなものにしてみたがイメージと少し違う
覆い焼きは・・・ないな
ソフトライトあたりで、軽めの明るさをつくり透き通ってみえるようにしてみた。
どちらかというと透けているというよりは反射して写り込んでいるようにもみえるが
状況に応じて、変更してみよう。

dennsyanuri2.jpg


全体が透けているのもどうかとおもうので、マスクを使いところどころにグラデーションをかけてみる。

とりあえずこんな感じで進めてみよう。
あとは社内のmobキャラかな

だいぶ形になってきたので、新しい絵のあたりを取る作業にはいる。
スポンサーサイト
2009.02.08 10ヶ月目-8
前回のをあたりに毛の生えた絵を下絵を描き
クリンナップしたものを塗り現在ココ

dennsyanuri.jpg

この絵を描いてる最中に何度凹んだことかわからない
最近自分の実力がある程度わかるようになったせいもあり
毎日が反省会みたいな状況になりつつある。

思ったとおりに描けない、無駄な線がおおい、
そもそもあたりを描く際など大体の位置関係がとらえられればそれでいいと思ってるわけですが
やっぱり上手い人のそれと比べるとまったく別物

下絵になればある程度はましにみえるものの、根本的に画力が違いすぎるのか
この場合経験地の差がでてくるのか、
趣味でやっているならいいとして、プロを目指すとなると最近の成長のなさには
正直焦りを感じつつある。

今よりももっと頑張らないと、今の成長っぷりでは遅すぎる。

某石の人は1日のイベントCGラフを100枚描いていたと聞いた。
それにくらべて今の私は、ラフにもみたないあたりのようなものを
十数描けばいい程度、それも気にいった構図になるまで
ただ落書きのように描いているだけ

他者が絵を描いているところを直にみる機会がほしすぎる
そうすればどんなライン取りで、何を意識して描いているのかがわかりそうなのに。
2009.02.05 10ヶ月目-7
前回の絵はしばらくおいてから再度塗り予定

その間に新しい絵を作成
とりあえずあたりに毛の生えたものを作成

引き続き下絵に入ります。

dennsya.jpg

なかなか面白い絵って描けないね
描きたいものはあるんだけど、いざイメージしてみるとそれが描けない
知らないこと分からないことがまだまだ多すぎる

構図の作りを考え覚えながら模写するのが一番の近道なのかもしれない。


2009.02.03 10ヶ月目-6
だいぶCGっぽくなってきたかな
まだいろいろ塗ってない場所が多いけど

しかし背景の木のはっぱむずぃ

hatumoumikan.jpg

ブラシで葉型を地味に作っていくか、カスタムブラシでやるか
どちらにしてもなかなか思い通りできない
練習しないと
2009.02.02 10ヶ月目-5
前回の下絵からクリンナップしたものを塗っていきます。
まずはパーツごとにレイヤーわけ
この作業が個人的に一番手間と時間がかかり、大変なきがする。

はみ出しや、塗りのこしをしないように、
あとあとの完成度に響くので、とにかく丁寧に下塗り
それでも、ある程度塗っていくと、塗り残しやはみ出しがあるんですが
それは気づいた時にすぐ修正

hatumoubeta.jpg


次にどこでもいいから塗っていってますが
絵の全体やキャラの雰囲気がでるからか
個人的に髪か目から塗るのが好き
塗り工程は省きます。

hatumoume.jpg


いろんなギャルゲーの目をみようみまねで練習中
今回はこんな感じでいってみる。


つづく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。