syoukai.jpg

▼▼▼オンラインスカイプイラスト塾▼▼▼ イラスト塾.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.09 11ヶ月目-14
個人的に人体を立体として捉える場合問題となってくるのは、
複雑な曲線の側面と角度によって生じる見えない奥行にあると思う。

まずはその見えない奥行と角度を攻略していく。

ここからが面白いところ

そこで片手にペン、片手に携帯でも電気のリモコンでもよいので用意する。
片手にもったリモコンを自分の描きたい角度にし、それを元に
まずは角度のついた円柱で実験してみる。

rikou8.jpg

片方瞑り利き目でみたほうが平面的に側面の角度が捉えやすいきがする。

rikou9.jpg

まずはこの角度の奥に進む円柱を描いて

rikou10.jpg

そこから約90度だ みたいな感じで

rikou11.jpg

人体に近い円柱でできたのでこんどは人体だ

まずは前にとった立ち絵のあたりを考えてみることにした。
こいつの胴体部分を胸郭(胸あたりまで)胴(ウェストライン周辺)骨盤部(ヘソあたりから股まで)
の3分割する。その3分割した一つの長さとウェストの幅が大よそ同じくらいと考える。

rikou7.jpg

人体の立体もこの3分割で考えていこうと思う。
各部の幅と形をおおよそな楕円で断面図を起こす(これが底面になる)
実際輪切りにしてみたことなどないので、意外と適当

つぎに側面になる、それぞれのパーツの角度を考えていく
背骨がS字にしなっているように、人体の角度もS字合わせて考えるとよさそうだ。

つづく。
スポンサーサイト
2009.03.09 11ヶ月目-13
個人的に面白いと感じたものを
大体まとめてみた
フリーハンドなので多少のゆがみは気にしないで

立体をイメージするには
その立体の底面(断面図)と側面と上面があれば立体は完成する。

簡単なところで、四角の立体でイメージしてみる
まず底面をかく、この底面の中心ラインをとる
これが立体の正中線とおなじ中心を通る線だ
rikou.jpg

底面にはわかりやすいように、斜線をいれてみた
つぎに上面を作る、

rikou2.jpg

これらの側面をつくれば立体としては完成する。
正中線と上面と底面の中心線を結べば
この立体の厚み(赤斜線)までわかるというもの

rikou4.jpg

つぎに人体に近い底面と上面のサイズが違い、
側面に角度のある
楕円系の底面(断面図)でやってみる

まずは底面の楕円を描いて、おおよその中心線を描き同じように上面を描く

rikou5.jpg

側面をつなげ、正中線を描けば完成

rikou6.jpg


単純な立体ならいいが、その立体を2つ以上別の角度で奥にむかって繋げたものを
イメージするのは大変むずかしい。

つづく





2009.03.05 11ヶ月目-12
他の人が考えたアタリの取り方なんですが
面白い方法見つけました。

立体を捉えるのと、人体パースを描くのに使えそうな描き方だったので
実際やってみたら、かなり良い感じです。
もしかしたらみんなやってるのかもしれないけど

人の絵の描き方って、ほんとテクニックの宝庫だわ
まとめしだい更新します。

話がかわり
アナログの練習をと芯が回って常に尖ってかけるシャーペンというのを買ってみましたが
寝かせすぎて描いているせいか芯がまわらない
ついでにネリケシというやつを買って見ました。
これはいいね。従来の消しゴムだと、消しカスとか大量にですぎて困ってたんですが
これはカスがでなくていいは
サイズも調整できたり、意外と便利かもしれない

ゴミまで練ったり、手が臭くなるのを気にしなければ…
2009.03.03 11ヶ月目-11
服の資料探しをいろいろしていると
デッサン人形のサイトにたどり着きました。

いままで気にしたことがなかったのですが
いまのデッサン人形はいろんな種類があるのね

さらにそれらを使った、カスタムドールというものまで
デッサン人形に服を着せたりする感じですかね

昔でいうところのリカちゃん人形みたいな?

しかし驚いたのはそのクオリティのたかさ
なんだこいつら、そのへんの下手なフィギュアよりできがよくね?

普通稼動フィギュアは関節部がぎこちないんですが、
これは良くできてること…

かなり資料としてはいいのでは
しかも意外と安い、
こいつはやばい道を踏み外しそうだぜ。

ningyou.jpg

これに服を着せて、いろんな角度からみれば、一通りかけないものはなくなるんじゃないかと
そんな甘い夢をみました。
ちかいうちに買いそうな予感
2009.02.26 11ヶ月目-10
迫力のある衣類の描き方のコツというものはないだろうか
服の広がりや動き、風の感じ方
上手い人のキャラを裸にひん剥いたあたりを考えてみると
パースのつけ方やキャラのうごきには超えられない壁があるが
あたり自体はそこまで差はかんじられない

迫力のある衣類をかく
しばらくはそれをテーマにやってみようと思う

しかし練習法が浮かばない
リアル服からはディテールや作りは取れても
演出のしかたまではわからない。

う~ん どうしたものか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。