syoukai.jpg

▼▼▼オンラインスカイプイラスト塾▼▼▼ イラスト塾.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.08 23ヶ月目-10
個人的に今までやってきた練習法のなかで
やってはいけない練習法をまとめて見ました。

きっと中には私とおなじことを経験した人や
今まさに同じことをやっている人がいるかも

絵師様(笑)見習の私個人の意見なので、
笑い飛ばすも良し、共感するも良し、参考にするのも良し。

心臓が弱い方や精神的に弱い人は見ないように(キリッ

以下戯言↓
... 続きを読む
スポンサーサイト
2010.04.07 23ヶ月目-9
前回の線画に背景をあわせていく場合
ELが傾いていて、俯瞰なので
パース的にはこんなかんじなのかな?

tamanihapasu.jpg

塗りも終ってないけど、
それっぽくなるように背景を追加してみよう。

とりあえず背景追加
細かすぎると塗りが大変なので
色で段差・奥行きがある程度出せそうなものは省略
tamanihahaikei.jpg

キャラが塗り終わったら、塗っていってみます。
2010.04.05 23ヶ月目-8
データを整理していたら、塩漬けしてあった線画がでてきましたので
ペン入れをしてみました。

せっかくなので塗っていってみようと思います。

目指せグラフィッカーへの道とかサブタイトルがついてるくせに
やってることはキャラ作りばっかりだしね。

tamanihae.jpg

ちょこっと塗って見ました。
tamanihanuri.jpg
レイヤー的にはそんな感じです。
今回は練習をかねて、通常のマスクではなく
ベース塗りの部分にベクトルマスクを使用してみました。
どうせなら髪の塗りもベクトルマスク使えば良かったかな
グラデーションかける際にただのマスクだと不便なのよね。

tamanihanuri2.jpg

塗りかけの絵ってすっごく微妙なきがして
こんなものが本当に塗りあがってCGっぽくなるのか!?
っていつも思うんですがね。

各パーツに2影あたりがはいってくると
ほんと化けてきますよね

もちろん微妙なままで終るものもありますが…
2010.04.04 23ヶ月目-7
解剖学講座も地味に進んでおりますが
まとめが大変面倒なので、更新ペースはかなり遅めです。
目次だけ作ってみたけど、数が多すぎて気が狂いそうなんだ。
また自分が各パーツを忘れた頃に復習の意味をこめて
まとめていこうかと。

あのまとめという作業が実は一番頭に入るかもしれませんね。
知識というものは覚えようとしてもなかなか覚えられないものですが
自分で問題を作ったりしてると、不思議と簡単に覚えられてしまうもの
そう考えると学生時代の勉強方法ももう少し工夫すればよかったなぁなどと
思えてなりません。
2度とやりたくないけどね。

さてしばらくはパースに人物のあたりをのせていく練習をしてみようと思います。
実際立体を意識して人物を描いているつもりですが、
いざ背景にキャラをあわせようと思ってもなかなか思い通りにいってくれません。
パースやそれに対する角度を考えてキャラを作るというのがなかなか難しいですね。

パースに対する正確さは、設計士ではないので二の次にして
まずはキャラのあたりをパースに合わせて、それっぽく見せることからやってみようと思う。
キャラのあたりは、30秒ドローでもやっているかのような大まかなもので。

pasued.jpg


こんな感じで。
果たして練習になるのか。

2010.03.29 23ヶ月目-6
いろいろな美術解剖学の本に目を通してみましたが
筋肉群は描いてあり、そこの名称などはかかれているものが多かったのですが
いざそれを覚える為に描いてみようにも、
どのような順番でどのように骨と筋肉が結びついているのか
っというものがわからず、
模写をしようにも正確な結びつきがわかる本が見つかりませんでした。

なければ作ろうということで
これらがどのように結びつき、
筋肉群になるのかっというものを作ってみました。

http://esisama.web.fc2.com/moeb03.html

たぶんこれであっているはずだ
しかし独学なので間違っているかもしれません
間違ってたら教えてね。

正面から見た場合、順番に覆うように筋肉を重ねていけば
筋肉群が完成するというものです。

そういえば注文しておいた等身大骨格人形が届きました。
最近思うんだ、絵師ではなく整体の道を歩んでいるのではないかと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。