syoukai.jpg

▼▼▼オンラインスカイプイラスト塾▼▼▼ イラスト塾.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.07 48ヶ月目-7
CG本製作 現在4ページ・・・
素材作るのが大変面倒なんですこれ・・

CG本系は手順の話が大変多いわけで
すこしでも省略すると話が伝わらず、
それどこにあるんだよ。 みたいになりますから
細かくssを貼り付けていこうとすると大変面倒くさい。
完成はいつになるのやら。
スポンサーサイト
2012.06.01 48ヶ月目-6
下記のつづき

sdkaisetu.jpg

例えばこのようなイラストも

pixmihon.jpg


拡大してみればピクセルの集合体であることがよくわかる。
このピクセル数がそのイラストの【画像解像度】ということになる。

それとはべつに【印刷解像度】は
印刷の際の1インチ辺りのピクセルの集合体の数を指す

kaizoudomaru2.jpg
kaizoudomaru1.jpg


この画像を見ればわかるように
10dpiと20dpiではどちらが鮮明に映し出されているかがわかる。

PC上で画像データとして処理するだけならば、【画像解像度】だけ気にすればよいが
印刷を考える際には、印刷解像度に注意して製作する必要がある。
しかし印刷解像度を高解像度にするということは、ピクセル数が大変増大するため
データ容量的には大変重いものになってしまう為注意が必要である(キリッ


2012.05.29 48ヶ月目-5
グラフィックの本を作りだしました。
現在試行錯誤中ですが、超基本事項からツールの使い方を含め
体験談等を交えながら書いていこうと思います。

一部紹介
こんな技術的にはあまり関係ないけど必要な基本事項も
含めて説明する一冊にしていこうと思います。


【画面解像度と印刷解像度】

これからデジタルグラフィックを学ぶ前に
解像度というものについて学んでおこう。

【画面解像度】とは、PCを弄ったことがある人なら聞き覚えはあるだろう。
一般的なモニター出力形式(1280×800など)画面全体をいくつの点(pixel)で表示するかに用いられる
総画素数のことである。
デジカメでいう画素数というのもこれにあたる。
2000×3000ピクセルなら600万画素ということになる。
しかしこれらは【印刷解像度】というものとは異なる。

【印刷解像度】とは『dpi(dot per inch:ドットパーインチ)』
または『ppi (pixels per inch:ピクセルパーインチ)』という単位を用い表示される事が多い。
これら『dot(ドット)・pixel(ピクセル)』はほぼ同じで「点」という意味で用いられており
1inch(2.54cm)辺りの(点)の数を意味している。
『10dpi』といえば1inchあたり10×10の点の集合体ということがわかる。

必要解像度について

さて上記の説明で解像度については理解できただろうか?
これからデジタルグラフィックを学んでいく際にはかならず必要になるので
是非覚えておいて欲しい。
実際に商業印刷をする際には、300~350dpiと高解像度を用いることが多い
せっかく綺麗な塗りをしても、必要解像度を満たしていなければ
画素数の足りない、荒い印刷の画像になってしまうのだ。


おまけ:『印刷業者のよくある話』

実際印刷デザインの仕事をしていると
クライアントがどこぞの雑誌の切り抜きや、
web上で拾ったような小さい画像を持ってきて
これを広告にでかでかと載せてくれと言ってくることがある。

その小さい画像を無理やり引き伸ばし、
広告を作成すると、もちろん解像度の足りない大変荒い画像が仕上がる。
するとクライアントはこんな荒い画像使い物にならないとクレームを出してくるのだ。

もともと解像度の足りない画像を引き伸ばして使っているのだから荒くなるのは当たり前だが
クライアントにはそんな知識はない、
それを荒く印刷しないのがデザイナーの仕事だろっと返って逆ギレされてしまうのだ。
そんなやり取りは日常茶飯事である。

同人でもよくある、
もともと解像度の足りないデータを入稿しておいて
荒い印刷で刷り上ってしまうと印刷所のせいにする人も多い。

基本事項なのでこれからグラフィックを学ぶ人は是非覚えておいてほしい。(キリッ
2012.05.25 48ヶ月目-4
萌えるデフォルメポーズ集

dessasyu1.jpg

dessansyu2.jpg


ポーズ集というものはいろいろ出回ってはいまますが、
実写の写真集やイラストに起こしてあっても
一般的な萌キャラ6頭身に
デフォルメされているものはまったくといってよいほどみません。

今では3Dフィギュアにより、自分の好きなポーズをとらせることができるため
ポーズ集は必要ないと思われがちですが

見習絵師がもっとも苦戦するのは、
このポーズ集からのデフォルメという工程です。

ポーズ集をそのまま見様見真似で描いて
キャラを起こしても、萌キャラとはかけはなれたクリーチャーが誕生するのは
誰もが経験していることでしょう。

そこで今回は私のキャラ比率にデフォルメした
ポーズ集を作成しました。

デフォルメの参考にするもよし
顔だけキャラの練習に使うもよし
衣類を描く練習につかうもよし
塗りの練習に使うもよし

使い方はあなたの考えかた一つで無限大(キリッ


っという企画
とくに説明文書く事がないから本にしたらスカスカだった。
改善の余地がある。
そもそも需要があるのかもわからない。
2012.05.21 48ヶ月目-3
今更ながらあの夏で待ってるをみました。
青春時代を思い出した。
あんな青春おくってないけどね!

anonatu2.jpg

本で裸体のアタリが描けるようになりましたら、
服を着せれば完成です。


そうだ大量にアタリを載せた、萌絵的デッサン集をなんてどうだろう。
よくあるエロゲ構図を大量に載せ、顔描けばキャラになるよ!みたいな

結構構図集ってでてるけどデフォルメされてるものないじゃないですか
萌キャラとしてデフォルメした身体に顔を描けばキャラになるくらいのやつを

自分の練習にもなるという一石二鳥(キリッ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。