syoukai.jpg

▼▼▼オンラインスカイプイラスト塾▼▼▼ イラスト塾.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.05 52ヶ月目-5
パッケージっぽく 肝心の魚がー
pake-zide.jpg

ツイッター用アイコンの塗り方変更バージョン

aikonnurikata.jpg
スポンサーサイト
2012.10.03 52ヶ月目-4
basupuraev3.jpg

ところどころ修正しながら塗り塗り
2012.09.30 52ヶ月目-3
basupuraevkao.jpg

塗り塗り
塗りは後回しにして、線画を大量に描こうかと思ったけど
やはり仕上がりが気になる

basupuraevnuri2.jpg

髪の塗りがはいるとまたずいぶんかわるね
2012.09.14 52ヶ月目-2
新しい販売方法を考えた(キリッ

前にDL販売でイベントCG販売をすればいいのでは
っという話をしたが、やはり市販されているイベントCGを使ってのゲーム製作では
趣味の範囲を抜けることができない。
それを使って同人作品として売り出すことは厳しいだろう。

しかし同人ゲームを作りたい人に取って
原画やグラフィッカーを雇うとかなりの金額がかかってしまう。

そこで考えたのが、先着1点限りの限定CG詰め合わせセットだ。

バスプラスセット  イベントCG5点 立ち絵1点  \180,000
みたいな感じ。

1点物なので買ってしまえば、
あとは自分でシナリオをかけばゲームとして売り出せます。


お互いの利点として

購入者は、原画&グラフィッカーを雇う必要がない。
1点ものなので、安心して自分のゲームに使い販売することができる。
6点で18万という値段は高そうにみえますが、私の外注相場からでています。
ttp://oekakigakusyuu.blog97.fc2.com/blog-entry-483.html
この辺りの値段相場から考えても、そこまで高いものではないでしょう。
DL販売の売り上げ数から考えれば、
元を取り返すのもそう難しいものではないはず。

製作者側は、ある程度コンセプトを決めたら、自分の好きに描ける
製作期間が決まっていないので気楽に描ける。
DL販売みたいに細かく販売しないので安定した売り上げ。
安定はするけど過剰にはうれないから損するきもするな・・・


デメリットを考えるなら

購入者側は自分の予定していたイベントCG発注はできない
もとからあるCGを使い、それにあわせたシナリオを作る必要がある。
サンプル以外のCGは購入するまでわからない

っという点かな。
2012.09.12 52ヶ月目
引き続きバスプラス製作情報。

zannsyo.jpg

ラッキースケベ的な要素も盛りだくさん
basupuraev2.jpg

DQNとの釣りバトルにまければ、NTR要素まであります!
さぁ君のロッドアクションで以下略(
basumainasucm.jpg

どこが本格釣りゲームだよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。