FC2ブログ
syoukai.jpg

▼▼▼オンラインスカイプイラスト塾▼▼▼ イラスト塾.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.28 45ヶ月目-8
私は今まで模写というものは
写真のように正確にかきうつすことに意味があり
描きとる力をつける為の練習だとおもっていた。

そんなある日
デッサン人形を目の前で模写していると
あることに気づく、
コロコロ見えかたが変わるのだ

この現象が起こってから
模写をする際に大変戸惑うようになってしまった。

たとえばリモコンを左右の目の中心に配置すると
どう見えるかといえば、ボタン側も裏側の表記も両方みえるのだ

そしてこれを一つの絵として構成することはできない。

どちらも真実なのだが、どちらを表現していいのかわからないのだ。

一般的には利き目で見て描けというのが常識なのだろうが
そんなことなら初めから、錯覚を起こすだけの片目は
絵を描く際に必要ないではないか

それこそ利き目以外は眼帯でもして描いたほうが、
2Dとして簡単に書き写せるというもの。

なぜこんな疑問を今までなんとも思わなかったのかが
むしろ不思議でしかたない。

真実はいつも一つじゃねぇ、真実が二つあるんだ。


やべぇ、おかげで何が何だかわかんなくなってきた。
さっきのたとえで言うなら、
左右両方の目でみた、
消して交わらない2方向のリモコンを
くつけることができれば
それが完成形なのではないだろうか。

今ではリモコンかたてに、消して交わらないこの2方向を
矛盾しながらもくつける方法はないのかと模索している自分がすでにわけわかめ

萌え絵を描くだけのはなしがなぜ、こんなことになってしまったのか

しかしこの世界は矛盾だらけだ
矛盾している2方向の絵を両方一つの絵として画面に納めるのが答えなのでは

何に対しての答えなのかもすでにわからないが

このどうでもいい話を、自分の中で自己解決しない限り
先に進めそうな気がしない。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。